明治42年創業 海苔養殖発祥の地大森の目利きの老舗問屋
  • オンラインショップ
  • 初めての方へ
  • マイページ
  • カート
明治42年創業 海苔養殖発祥の地大森の目利きの老舗問屋
カート
大森の街と共に大森の街と共に

大森と浜富海苔の歴史

写真:大森 海苔のふるさと館提供

大森からの海苔のはじまり

海苔養殖は江戸時代に品川から大森の沿岸部で盛んになったとされています。
波静かで遠浅の大森が海苔作りに適していました。
江戸時代の中ごろから作り始められた大田区の海辺の海苔は、
味・両ともに全国一を誇り、ここから全国へ海苔生産方式が伝えられました。
長らく先駆的役割を果たしてきた“海苔のふるさと”です。

写真:東京都島しょ農林水産総合センター所蔵

大森と海苔の養殖

しかし、港湾整備計画や漁場環境の悪化などの様々な理由から、
昭和37年に漁業権放棄が決定し、翌38年の春に最後の海苔採りを行い、
約300年にわたる大田区の海苔養殖の歴史は幕を閉じることとなりました。

しかし現在でも、江戸時代から培われてきた伝統は生産が途絶えても
大森には海苔の流通業の中に生きています。

海苔流通網の重要な拠点として

大森周辺は、現在でも、海苔関係の業者が数多くあります。
株式会社浜富海苔もそのひとつ。創業は明治42年。
当初は寒天や乾物の卸売業としてスタートし、
昭和21年から海苔の卸売りを始めました。
「いつも、いいものを、安く」を理念に真心をお届けいたします